Home > Webサイト制作 > スマートフォン最適化

スマートフォン最適化

シンプルを突き詰めたユーザー視点が重要になる

自社Webサイトをスマホ対応している企業は増えてきましたが、実際は従来のPCサイトのデザインをスマホ用に変更しただけで、コンテンツは同じままといった状態になっているサイトが数多くあります。

しかし、これではユーザーは求めていない情報が多いと感じ、すぐに別のWebサイトに移動してしまいます。特にスマホユーザーはファーストインプレッションを重要視しています。

パソコンと違い小さなディスプレイでネットサーフィンしており、無駄な情報にできるだけアクセスしたくないという要望が強いのです。

そのため、スマホではできるだけ多くの情報を盛り込まず、ユーザーがどのような場所で、どのような課題を抱えてスマホで閲覧しているのか?というユーザー視点がより重要になってきます。

そうやって、ユーザーが望む情報を絞り込んで提供することで成約率の向上が期待できます。弊社では、スマホ最適化に則した、最適なデザイン、ユーザーインターフェースをご提案します。

用途に合わせたスマホデザインを提供

スマホ最適化をする上で、ユーザーを決定することは非常に重要です。例えば医療機関向けのアプリを作成する際には、電子カルテなどのデータを3Dで表示する機能により、視覚的に患者の状況をモニタリングした方が良いでしょう。

しかし、このような複雑な処理を小学生向け教育機関用のアプリに適用してしまうと、小学生はどうやって使ってよいのか分からずに、アプリとしてまともに使うことができないでしょう。

また、電気工事士が電気系統の点検アプリなどを使用する際は、手袋を使用しており、音声入力に適したデザインが必要になってきます。このようにユーザーが誰なのか、どのような状況かを想定したスマホデザインが必要になってきます。

オムニチャネル構築

オムニチャネルとはインターネットでの顧客との繋がりを実店舗に活用していくマーケティング手法です。パソコンが主流だった時代では、原則自宅やオフィスでの使用がメインだったため、インターネット上のユーザーを、実店舗に集客する方法は限定されていました。

しかし、スマホで近くにいるユーザーにクーポン情報を配布して、即座に集客に繋げるような施策をオムニチャネルによって生み出すことができます。

オムニチャネルを成功させるには、ユーザーのスマホ利用を想定して、シンプルに必要なモノは何かを突き詰めて、ピンポインで提案していくことが不可欠です。

PageTop