Home > Webサイト制作 > WordPress構築

WordPress構築

WordPressとは

WordPressとはサーバーインストール型のCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。従来のHTMLとCSSを使用したWebサイトと違い、コーポレートサイトでも、ブログで記事を更新するように、Webサイト運営をすることができます。

従来のHTMLサイトでは、会社の新着情報を更新する度に、HTMLタグの改変などが必要でした。グローバルメニューの追加や、デザインの変更などもWebデザインの技術が必要なため、更新する度に費用が掛かり、情報の鮮度が悪くなってしまうという問題がありました。

しかし、Wordpressなら一度コーポレートサイトを制作した後は、ブログ感覚で記事を更新することができます。Web制作の知識がない担当者でも、新着情報やお得なクーポン情報などをタイムリーにWebに公開することができ、集客効果に繋がります。

世界中で多くのWebサイトがWordpressを採用

Worepressは当初はブログを中心とした用途が中心でしたが、オープソースと言われる形態で世界中の開発者が、より使いやすいシステムを作るために、切磋琢磨して利便性が向上しました。

そのため、今では世界中の有名企業もWordpressを採用してWebサイトを構築しています。採用実績としてはマイクロソフト、コカコーラ、ディズニーなど多数あります。使いやすく、セキュリティ対策もしっかりされており、しかも無償で利用することができます。

Webサイト運営を成功させるためにはユーザー視点での運用が不可欠

Webサイトは公開した後がより重要になってきます。アクセス解析や問い合わせ状況から、ユーザー動向を把握し、よりユーザーが求めるサービスをWebサイトに反映していく必要があります。

特に、現在はスマートフォンでの利用率がPCを超えている中で、ユーザーの求めているサービスは刻々と変化しています。そして、ユーザーは「求めている内容と違う」と判断したら、二度とそのWebサイトに訪れてもらえません。

そのため、常に改善しサービス向上に務める必要があり、アップグレードに必要な機能がWordpressには揃っています。

プラグインを利用し容易に機能を追加できる

例えば、当初はサービス案内だけの内容で公開し、その後、直接Webサイト上でネットショップ機能を追加したいといった要望があったとします。その場合はプラグインという機能を使いワンタッチでショッピングカート機能を実装できます。

そして、在庫管理、顧客管理と連動することで、タイムリーに販売状況を把握することができます。

また、美容室で予約システムを構築したい場合でも、一から開発すると数百万単位の費用が必要になりますが、プラグインを使用することで、無料で構築することも可能です。

このように、運用後のサービス追加に応じたプラグインを選定することで、低コストで即座にサービスインすることができ、経営スピードを上げることができます。

PageTop