Home > News > Webサイト全体を俯瞰してコンテンツを作成するポイント

Webサイト全体を俯瞰してコンテンツを作成するポイント

2018.12.17

ユーザーに響くようなコンテンツを作れないといった悩みを抱える、サイト運営者は多いです。現在は、スマホファーストの時代で、ネットに頻繁にアクセスするユーザーはかなり多いので、ユーザーフレンドリーなWebサイトは成功する可能性も高くなっています。

そのために、押さえておくべきポイントは3つあります。

統一感のあるメッセージとデザイン

Webサイトはただ綺麗なデザインで見栄えが良いだけでは、思ったような結果に繋がりません。コンセプトの土台がしっかりしており、各メニュー、記事へと一貫性がある流れができていることで、提供しているサービスに伝わりやすくなり、顧客の購買動機に結びつきます。

顧客ニーズの把握

顧客は自分が知りたい情報を探すために検索キーワードを入力し、いくつかのWebサイトにたどり着きます。その時に、僅か数秒Webサイトを見ただけで、自分にとってふさわしい情報かどうかを判断し、違うと思ったら、すぐ他のWebサイトを訪問します。ですので、Webサイトがターゲットとするユーザーにマッチングした情報になっているのかが重要です。特にトップページが一番アクセスが集中しますので、顧客ニーズを踏まえた、コンテンツになっているかで、滞在時間、リピート率が大きく変わってきます。

ゴール設定して細部を逆算して作る

なぜWebサイトを運営するのかを突き詰めると、明確な目標が見えてきます。売上、問い合わせ数、顧客との関係性等。具体的に達成したい、目標を立てて、達成するために必要なリソース(人員、スキル、コスト、期間)を割り当てて、PDCAで回して改善していくようにします。

以上のポイントを押さえたコンテンツ設計をする事で、ユーザーからの反応は大きく変わってくるでしょう。

PageTop